毒草一覧次の花
ノウゼンカズラ


夏の暑い盛りにも鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる貴重な花木です。数輪の花が枝先でこぼれるように咲く様子はとてもエキゾチックで華やかですね。花びらは草木染めに利用されますが、「花の露が目に入るとめまいをおこす」と言われています。


毒草名  ノウゼンカズラ(凌霄花)、カンブシス
学 名  Campsis chinensis VOSS.
特 性  ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属、執着心の強いツル性落葉高木
花 期  7〜8月
仲 間  アメリカノウゼンカズラ、ヒメノウゼンカズラ、マダムガレン、コノウゼンカズラ
毒部位  汁液
成 分  ラパコール(Lapachol)
症 状  皮膚炎


 





「霄(そら)」を「凌(しのぐ)」ほど伸びるという意味の「凌霄(りょうしょう)」が「のうぜん」に変化していったと言いますが、ちょっと強引な感じもしますね。


 

よく庭先で栽培されていますが、花の汁液が肌に付くとかぶれを起すことがあります。誤って目に入るととても危険です。貝原益軒(1630-1714)は著書『花譜』の中で「凌霄花:其つる長数尺のとき、木を得てよぢのぼり、松の木に多くははゝしむ。藤かづらのごとし。花黄赤色なり。夏秋花ひらく。花を鼻にあてゝかぐべからず。脳をやぶる。花上の露目に入れば、目くらくなる。」と書いていますが、これはちょっと大げさですね。


 

初夏の姿です。さぁ咲くぞと、枝先にたくさんの蕾を付けています。

 

花のあとに出来る「さく果」です。結構大きくなるのもです。




「吸着根」といって、この根に捕まると逃げ道は無い........。

-------- ヒメノウゼンカズラ --------



≪MEMO≫
・アメリカノウゼンカズラ(Campsis radicans SEEM.)が More Better....。
・樹高:5〜10m
・「火のごとや 夏は木高く 咲きのぼる のうぜんかづら ありと思はむ」北原白秋


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS